インプラントには、治療法上の優位性のほか、他の治療法では得られない、日常生活や歯の健康上たくさんのメリットがあります。それらについてご紹介しましょう。

 

インプラントの日常生活でのメリット

インプラントは入れ歯と違い、骨にしっかりと固定されていますので、力をかけて硬い食べ物もしっかりと咬むことができます。噛みしめることで出てくるお食事の美味しい味を損なうことはありません。

入れ歯のように、他の歯にかけた金属が見えることもありませんし、取り外して清掃する必要もありません。お食事中、おしゃべりを楽しんでいる最中にも、外れることや、歯が見えることを気にする必要がなくなり、思い切り楽しむことができます。

 

歯の健康についてのメリット

失った歯の両側を削るブリッジ治療

これまで失った歯を補うためには、周囲の歯がその負担を担う方法しかありませんでした。基本的にインプラントは、歯を失った部分のみを治療する方法なので、他の歯を削ったり、過剰な負担をかける必要はありません。

歯を失い、やせてしまった歯ぐき

歯 を失った後、歯の根を支えていた骨は力の伝達がなくなるためその役割を失い、ある程度の細さになるまで自然に吸収し、やせていきます。ブリッジにした場合 にもダミーの歯の下の骨はやせていきますので、次第に食べ物が詰まる、舌触りが悪くなるなどの症状が出てくる可能性があります。インプラントならば、咬む力をしっかりと骨に伝えてくれますので時間が経っても骨はやせません。
 

インプラントと他の治療法の比較

  インプラント ブリッジ 入れ歯
 
対応方法 歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。 失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法。
他の歯や骨への影響
  • 歯を失った部分のみの治療で、周囲の歯に負担をかけない。
  • 歯を失った部分の骨が機能回復する為やせない。
  • 周囲の健康な歯を削る必要がある。
  • 大きな負担が健康な歯にかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる。
  • 周囲の歯に留め金をかけるため、大きな負担が健康な歯にかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる。
審美性
  • ご自分の歯に近い見た目。
  • 保険適用外の材料を選択すれば、ご自分の歯に近い見た目。
  • 周囲の歯に留め金をかけるため、大きな負担が健康な歯にかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる。
清掃法
  • ご自分の歯と同様に歯ブラシ、スーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。
  • 歯を失った部分の骨がやせる。
  • ご自分の歯と同様に歯ブラシし、歯の無い所はスーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。
  • はずして義歯の洗浄をする。支える歯も清掃。
欠点
  • 簡単な手術が必要である。
  • 私費の治療となる。
  • 清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
  • 支えの歯に負担がかかり、将来的に折れる場合もある。
  • 歯を失った部分の骨がやせてくる。
  • 清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
  • 外出先などでも取り外しをしなければならない。
  • 異物感を感じやすい。

インプラントの構造は下記のように、上部構造・アバットメント・インプラント体(フィクスチャー)の大きく3つの部位に分けることができます。

当院ではあなたに最適なインプラントを選択いただけるように、症例に合わせて2種類のインプラントシステムを使い分けております。

1.Nobel Biocare社(世界シェアNo.1)のリプレイスセレクトインプラント
2.スプラインインプラントシステム

■リプレイスセレクトインプラントの特長

天然歯根の形状を再現しています。シンプルな外科手術が特徴であり、高度な審美性が要求される部位(前歯部)に適しています。

■スプラインインプラントの特長

HA(ハイドロキシアパタイト)でインプラント表面がコーティングされているため、骨をインプラントに誘導して形成させる作用があります。そのため、抜歯後の傷の治癒を待つことなく、抜歯したその日にインプラントを入れることが可能です。 骨の条件の悪いところに適しています。

copyright(c)2008 ORAL BEAUTY CLINIC, ALL Rights Reserved
| トップ | 無痛治療の理由 | インプラントのメリット | 治療の流れ | 安心10年保証 | 費用について | 症例・体験談 |
| メールカウンセリングクリニック案内 | スタッフブログリンク |