Step1 カウンセリングと診査

問診表にご記入いただき、カウンセリングを行います。 お困りのこと、これから望まれること、ご希望等何でもお話ください。ご納得いくまでご相談に応じます。また、全身状態や病歴などについても確認いたします。

また、インプラントについての説明や治療の流れを説明し、あなたのインプラント治療に対する理解を深めます。

診査については、現在のあなたのお口の状態を把握するため、詰め物・被せ物の診査、レントゲン診査、歯周病診査、咬み合わせの診査のために歯形をとり、模型を作ります。 必要であれば、後日CTをおとりいただく場合があります。

 

Step2 診断結果、治療計画の説明

カウンセリングと診査結果をもとに綿密な治療計画を数パターン立案し、必要な費用と合わせて詳しくご説明し、あなたにとって最良と思われるものを一緒に相談しながら選んで頂きます。

必要に応じて、ワックスで最終的な被せ物を作った模型を用いて治療計画の説明をします。

 

Step3 虫歯や歯周病の治療

他の歯に虫歯があったり歯周病にかかっていると、すぐにはインプラント治療はできません。インプラント治療の前に周囲の歯の虫歯治療や歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。

術前に衛生士によるPMTC(プロのクリーニング)を受けて頂きます。

また、骨量が不足している方には骨の再生治療を行います。

骨の再生治療についての詳細はこちら

 

Step4 インプラントの埋入手術(1次手術)

確実に痛みをコントロールした後、浸潤麻酔を行います。麻酔が効いている間にお口全体の消毒と先取り鎮痛を行います。

その上で、インプラントを顎の骨に入れる手術を行います。手術方法は、1回法と2回法の二種類があります。どちらを選択するかは、お口の中の状態によってよりよい方法を選択することになります。一般的には2回法が主流となっています。

手術方法の詳細はこちら

 

Step5 治癒期間

埋入したインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。骨の状態や治療部位によって異なりますが、1か月〜3ヶ月ほど待ちます。なお、この期間中は仮歯を入れることができるので、日常生活には支障がありません

また、イミディエートロード(即時負荷)という、インプラントを埋入した日にインプラントの上にレジンという樹脂で仮歯を作り噛むことも可能になりました。ただし、これはその埋入する部位の骨量、骨密度、本数、埋入時の初期固定の強さなどによって、できる場合とできない場合があります。

 

Step6 土台の設置(2次手術)

2回法の場合は、簡単な外科手術で歯肉を切開し、インプラントに土台を連結します。

その後、最終的な被せものと同じ形の仮歯を入れ、審美性・機能性に問題ないことを確認します。

*1回法の場合は、必要ありません。
 

Step7 被せ物(上部構造)の作製

仮歯で生活して、特に問題ないことが確認できたら、歯型を採り、最終的な被せ物を作製しセットします。
 

Step8 定期健診(メンテナンス)

当院では治療後もメインテナンスとして3ヶ月に1度の定期検診とクリーニングをお勧めしております。

その理由は、インプラントはもちろんあなたの歯やお口を生涯健康で保ってほしいからです。

当院では治療後もメインテナンスとして3ヶ月に1度の定期検診とクリーニングをお勧めしております。

予防に勝る治療はありません。

特にインプラントは、すべて人工物ですのでプロのメインテナンスは必須です。

定期的なかみ合わせの調整やクリーニングは必ず受けて下さい。

半年以上の期間を空けずに定期健診を受けていただくことを前提に自費治療(保険外診療)により製作したクラウンの破損(オールセラミッククラウン,メタルセラミッククラウン,ゴールドクラウン)およびインプラント治療に関しては10年間の保証制度がございます

安心の10年保証の詳細はこちら

 

通常の術式:1回法と2回法

インプラント治療には、1回法と2回法と呼ばれる方法がこれまで行われてきています。

1回法は、インプラント体を埋める手術のときに、大きめの蓋(キャップ)取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして終了します。

2回法では、手術の時には小さめの蓋をして歯肉の中にインプラントをしまっておいて、そのまま治癒させます。治癒期間終了後に、再度歯肉を少し切って、大きめの蓋に交換する手順が入ります。ですから、この方法を2回法と呼んでいます。

1回の方が手術が少なくて良いではないか、と思われると思いますが、骨の移植が必要であったり、細菌感染のリスクの高い場合などにはこの2回法を用いる方 が安全であることがあります。最近では加えて、診断技術や、治療技術、器械類の発達によって、骨の状態が良い場合には手術の当日に仮歯を装着してしまう方法なども行われるようになっています。

 

十分な骨のない場合

骨が十分なく、そのままではインプラントができない方にも、骨移植術や骨再生術などを併用することができます。状態によって、いくつかの方法に分かれます。詳しくは、ご相談ください。

上顎洞底挙上術(サイナスリフト) ソケットリフト
上顎の奥の骨が極度に薄い時に、お口の中から鼻の空洞に窓を開け、そこに骨を追加して骨を増やす方法です。 上顎の奥の骨が薄い時に、鼻の空洞の中を持ち上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です
GBR スプリットクレスト
骨の足りない場合に骨を足して増やす方法です。 骨が細い場合に、隙間を開きながらインプラントを埋め込む方法です。
  *骨だけを移植しておく方法もあります。

copyright(c)2008 ORAL BEAUTY CLINIC, ALL Rights Reserved
| トップ | 無痛治療の理由 | インプラントのメリット | 治療の流れ | 安心10年保証 | 費用について | 症例・体験談 |
| メールカウンセリングクリニック案内 | スタッフブログリンク |